看護学校と男子看護学生

看護学校と男子看護学生

母校の看護学校に寄る機会があり、そろそろ入試の時期が近づいているということを知りました。
そういえば、在学中にはよく看護師になりたいという社会人(特に男性)の方から色々と質問されたことを思い出しました。
看護学校や看護大学の入試の問題自体は一度大学を受験して卒業されている方にとってはそこまで難しいものではないと思います。ただ多くの学校では小論文も書かなければいけないのでそこが苦手な方はちょっと厳しいかもしれませんね。小論文の添削を行ったこともありますが、作文と小論文を混同される方もいらっしゃるので小論文の書き方的な本(簡単なやつ)を読むといいかもしれませんね。
入学してからも記録やレポートなど書く機会は非常に多いので今から慣れておくといいと思います。
あと男性の場合は面接も重視されていると思います。
男性看護師はだいぶ増えてきていますが、まだ全体の6%ぐらいだったと思います。学校によっては更衣室やロッカーの数、実習(たぶん母性)の関係で男性の合格者数が最初から少ない(全体の1〜2割)ところもあるので男性にとって倍率は結構高いかもしれませんね。
これから看護師を目指すみなさん頑張ってください。特に男性のみなさん、同じ男性として応援しています。