脳梗塞とは

脳梗塞って?
高血圧や糖尿病のある方、又は血中のコレステロールの値が高い方では、動脈の壁が傷つき、その部分に脂質や血液の固まりがつきやすくなります。こうして、古い水道管にさびがこびりつくように動脈に脂質や血液がくっついた状態を動脈硬化といいます。脳動脈に異常が起こり急に意識障害が出現した場合を脳卒中といいます。脳は酸素や糖などのエネルギーなしには活動することはできません。エネルギーが行き渡らなくなると脳は活動を停止してしまいます。脳がエネルギー不足により働きを休んでいる状態を脳虚血といいます。脳虚血が一定以上続くと脳細胞は死んでしまいます。脳細胞へのエネルギー供給不足が長時間続いた結果、脳細胞が死んでしまった状態を脳梗塞といいます。


どんな人がなりやすいのか?
脳梗塞の原因には、脳血栓症と脳塞栓症があります。
  脳血栓症とは
脳血栓症は脳動脈の動脈硬化が進行し血栓を形成して血管が閉塞し脳梗塞になります。脳血栓症の原因は動脈硬化であり、動脈硬化になりやすい人が問題です。加齢、男性、閉経後の女性、遺伝素因などを除くと動脈硬化の危険因子は高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、肥満などが重要です。


  脳塞栓症とは
脳塞栓症は心臓などに形成された凝血塊の一部がはがれて頸動脈から中大脳動脈などに流れて血管を閉塞(塞栓)し血流が途絶えるため脳梗塞になります。心臓疾患を有する人、特に心臓弁膜症や心房細動などの不整脈により形成された心内血栓が主な原因です。大動脈や総頸動脈などの粥状硬化(アテローム)病変に生じた血栓が剥離しても脳塞栓の原因になります。外傷後や手術後に空気塞栓や脂肪塞栓で脳梗塞になることもあります。


予防するには?
脳梗塞になる多くの原因には、高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、肥満、多量飲酒などがあり、脳梗塞を予防するには生活習慣(食習慣・飲酒・喫煙・精神的ストレス運動不足)の改善が大切です。塩分の摂取を控えめにし、脂肪分の多い食事は避け、喫煙・飲酒量を減らすことにより血圧を下げることが期待できます。また何より適度な運動をすることにより、運動不足の解消・ストレスの発散をすることができます。また血圧を低下させることもできます。
禁煙すると脳卒中や心臓疾患では肺癌とは異なり、数年で効果が現れ非喫煙者の状態に近づくといわれています。脳梗塞死亡率の危険度は、たばこ20本吸う場合で約3倍となっています。
酒は百薬の長と言われるように少量の摂取であれば健康維持に最も効果的です。




高齢者が気になる病気ランキング
1位 認知症  2位 脳梗塞  3位 肺炎  4位 骨粗しょう症