【旅立ちの歌はHappy Birthday】

前の事例次の事例

在宅看護・健康Home在宅看護サービス在宅看護事例事例002

在宅看護事例2


慢性的な呼吸器の病気を持っているNさんです。

自宅で在宅酸素療法をしています。

風邪をこじらせて肺炎になり入院してしまいました。

なかなか呼吸が楽になりません。

酸素の量も少しずつ増えていきます。

しかし、酸素の量が増えても状態は良くならず、血液データーも悪いです。


「病院にいても良くならないのだから、早く退院したい。」と

Nさんは毎日のように言っておりました。

ご家族は「もう少しだから、もう少し頑張ればもっと良くなるから。

そうしたら退院しようね。」と言い続けていました。


血液データーが悪いのです。

色々なチューブが身体に付けられ酸素吸入も始まりました。

Nさんは嫌なので無意識にチューブを抜こうとします。


これは危険、ということで手に手袋をされました。

もちろん、ご家族の同意を得て。


ご家族がお見舞いに行く度に、Nさんは「早くはずして!!」とご家族に訴えます。

手袋をはずそうとすると医師や看護師から

「手袋ははずしてもいいですけど、間違えると死んじゃいますよ。」と言われ、

『死なれたら困る。』のでご家族は手袋をはずせません。


そのうち、Nさんの病状はさらに悪くなり「早くはずして!!」とも

言えなくなってしまいました。


そして数日後、病院から「この酸素濃度の数値が下がると危険です。」と言われました。

数値が下がると気道確保の体位をとらなければなりません。

ご家族も数値が下がると手馴れたように気道確保をします。


ご家族は考えました。

意識がないまま、ただ気道確保をして長生きをすること、それで幸せなのだろうかと。


ふと気づきました。

Nさんが家に帰りたがっていた。

手袋をはずしてほしいと言っていた事に。


ご家族は病院に退院させてほしいとお願いしました。

「そんなことしたら死んじゃいますよ。」と言われましたが、

無理やりお願いして退院させることにしました。

酸素と点滴という最小限の治療をすることにして。


Nさんは、帰りたかったご自宅に帰りました。


手袋もはずしました。


不安の中でもご家族は喜んでいます。

Nさんもたぶん喜んでいるでしょう。


『もっと早く家に連れて帰ってあげればよかった。』

ご家族みんなの声です。


病院では気道確保ばかりしていたので

家族は何をしてあげたらいいのか分かりません。


ゆっくり身体をさすってあげることも。

声をかけることも。

口の中をきれいにすることも。


「もっと楽になることをしてあげればよかった。」


ご家族で代わる代わる身体をさすったり、声をかけたりしています。


「そうだ!!大好きなシャーベットを食べさせてやろう。」

お孫さんは、いろいろな果物を搾って綿棒に浸して冷蔵庫に入れてシャーベット作りです。

口を水で浸す綿棒の変わりに果物のシャーベットの綿棒です。

「今度は、何味がいい?」

お孫さんも一生懸命話しかけています。


Nさんは、ご自宅に戻ったら思いのほかお元気です。


もうすぐNさんの誕生日。


ご家族、親戚が集まれる休日にお誕生日のお祝いをすることなりました。

一日早いお誕生日。

ご家族、親戚が集まりました。

お孫さんがNさんの好きなケーキを買ってきました。


みんなが見守る中Nさんは穏やかに旅立たれました。


「Happy Birthday」の歌と共に、家族みんながケーキを一口ずつあげました。

末期のケーキです。

前の事例次の事例