『自宅での食事について』

前の事例次の事例

在宅看護・健康Home介護について介護の仕方介護の仕方002

食事は出来るだけ自分で食べてもらうようにしましょう。

手を自分で動かすことによりリハビリにもなり、機能を回復する事があります。

今では高齢者の方が自分で食事をしやすいようにするバネの付いたお箸や

角度の変えられるスプーンなどもあります。

自助具などを利用しなるべく自分で食べてもらうようにし、

どうしても介助が必要な場合は介助をするようにしましょう。


安全性を考え食べるものは細かく切り高齢者の方が食べやすくするのがよいでしょう。

大きいまま食べてしまうと、のどに詰まったり、呼吸困難になる恐れがあります。

皆さん感じることだと思いますが、食事の楽しみの一つは目で見て楽しむことです。

余裕があれば最初に作った料理をお皿に盛りその後小さく切ってあげることで

一段と食事を楽しむことができるでしょう。

噛む力があまりない高齢者には、ゼリー状のメニューなどを考えましょう。

また高齢者の多くは水分の摂取が少なくなりがちですのでお味噌汁・お吸い物やお茶などを

毎食付け脱水状態にならないように工夫しましょう。

むせやすい人には水分にとろみをつけてあげましょう。

むせやすい人が水分をそのままとると誤嚥性肺炎につながる可能性があるので注意しましょう。


食事の際は、出来る限り食事をする場所と寝る場所を別にしましょう。

布団の上で食事をすることはとても不衛生なことです。

場所が変わることによりお年寄りも気分転換を図ることができます。

また寝床から起きることで寝たきりを防ぎ、軽い運動効果も得ることができます。


食事はなるべく家族と一緒にとるようにしましょう。

食事は高齢者にとって数少ない楽しみの一つです。

毎日代わり映えのしない生活のなかで食事は家族との会話を楽しむことができるからです。

会話をすることによって認知症予防にもつながります。

また家族と一緒に食事をするために起きようという目的にもなります。


寝たきりで食事を一緒にとることが困難な場合には、そばでお茶を一緒に飲んだり
会話をするだけで良い気分転換になります。

前の事例次の事例